【スポーツ】どんなに劣勢でも気持ちだけは負けてはイケない理由!


どうも!Keiです!

今回の内容はスポーツしている人が感じた事のあるであろう、

「あっ、、、
 自分負けそうだな(*´-`)」

ってなった時に立ち向かう為の対策を書いていきたいと思います!

スポーツって結構メンタル的な部分で戦う部分もありますからね!

少しでもそういった場面に強くなるためにも、さまざまな想定は大事だと私は思います!

こちらは緊張に立ち向かいたい人向けの記事になります!

目次
1.気持ちで負けたら勝てる試合も負ける
2.気持ちで負けない為にも、身に付けたい自分を信じ抜く事
3.まとめ

1.気持ちで負けたら勝てる試合も負ける

スポーツをしていたら、この言葉を聞いた事がある方は多いのでは無いでしょうか?

気持ちで負けたら勝てる試合にも負ける

私の捉え方だと、本来の実力を出せば勝てるはずなのに、緊張や相手の威圧感などで本来の力を出せずに負けてしまう事だと思っています。

私の場合はバレーボールで例えさせてもらいますが、

私の身長→173㎝
相手チーム平均身長→180㎝ぐらい

身長だけ見るとこの時点で負けてますよね(笑)

しかし、バレーボールにおいて、高さはもちろん重要な要素にはなりますが、

身長で負けている=試合で負ける

という訳ではありません。

当たり前ですが強い方が勝つんです。

特にバレーボールはメンタル面が出やすいスポーツだと私は思っています。

それに持論ではありますが、最初から相手を見て

ヤベェ、、、
コレは負ける_:(´ཀ`」 ∠):

なんて思うぐらいなら勝負しない方が良いと私は思っています。

理由は「負ける事により、さらに負けメンタルになるから」です。

その状態で試合に挑んでも、試合を楽しむことなんて出来ませんよね?

それにそんな気持ちだと、自分自身のカラダもいつものパフォーマンスが出せません。

なので、

気持ちでは絶対に負けない!

という事が、安定したパフォーマンスのカギになります。

2.身に付けたい自分を信じ抜く事

上記のように簡単に「気持ちでは絶対に負けない!」って思える人は実際の所、少ないと思います。

居たとしたらちょっと自信過剰かもしれません(*´-`)

なぜなら気持ちでは負けないという根拠がまだ無いからです。

根拠も無しに「勝てる!!」って信じる事も大事かもしれませんが、ここでは「練習」から根拠を持ってきましょう^ ^

・ツライ練習を頑張ってきた!
・あれだけ練習したから大丈夫!
・あんなに頑張ったのに負けたく無い!

など、自分が今まで頑張ってきた事を根拠にする事で
自分自信を信じる事が出来ます。

もし特に頑張ってない、、、(゚∀゚)
なんて方は、本気で勝ちたいなら本気で打ち込みましょう!
としか、

周りの人、チームメイトがどう思っているかは知りませんが、私は常に自分自身を信じて、スポーツをしています。

理由は

自分の事を自分が1番の信頼しないと最高のパフォーマンスは生まれないからだと本気で思っているからです。

もちろん周りから信頼される事も重要かもしれませんが、人によってはプレッシャーになってしまい、逆に最高のパフォーマンスが出せない場合もあります。

私は常に自分を信じているうえに、こちらの記事に書いてあるようにプレッシャーを楽しめるようになってきたので、よりよいパフォーマンスに繋がっていると私は思っています。

なので、まずは

今まで頑張ってきた自分を信頼しましょう!

ここで自分を信じる事が出来れば、負けメンタルからは卒業できるはずです!^ ^

3.まとめ

・気持ちでは絶対に負けない
・練習から根拠を持ってくる
・自分を信頼する事

以上が「【スポーツ】どんなに劣勢でも気持ちだけは負けてはイケない理由!」になります。

いかがだ
っったでしょうか?
私の考えでは、周りに影響されやすい人が緊張しやすくて、いつものパフォーマンスが出せない人が多いと思っています。

でもせっかくやるなら、今まで頑張ってきた事をしっかりと出し切りたいですよね!

それで勝てたら、もっとスポーツが楽しめるようになると思います!

ぜひ、自分を信じ抜く事を忘れずにスポーツを楽しんでください!(^ ^)

ここまでお読み頂きありがとうございました!

他にも色々な記事を書いているので、時間の許される限りお楽しみください!(*‘∀‘)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です