スポンサーリンク

【読書】結婚した事を機に「夫の扶養からぬけだしたい」を読んでみた感想・モラハラについて考えてみた

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

どうも!keiです!

ずっと前からネットでよく見かけていた、ゆむいさんの「夫の扶養からぬけだしたい」を読んでみたので感想を書いていきたいと思います。

この本を読もうと思ったきっかけは

・タイトルが単純に気になった事
・「モラルハラスメント」に興味があった

この2つの理由で「夫の扶養からぬけだしたい」を読もうと思いました。

自分が嫁にとって「モラハラと受けとってしまうような発言」をしていないかの参考になるかな?と思い、電子書籍を購入し、楽天koboで読みました!

「パートナーの発言がおかしい!!」
「なぜ私の事を理解してくれないのか??」

と常日頃感じている方の参考にもなると思います(^^♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夫の扶養からぬけだしたい [ ゆむい ]
価格:1134円(税込、送料無料) (2019/7/31時点)


上のリンクは「電子書籍」ではありません!!
購入の際には気を付けてください!

この記事を読んで「夫の扶養からぬけだしたい」が気になった方は、本屋さんにも置いてあるので一度自分の目で確かめてから購入してみてください(^^♪

スポンサーリンク

話の内容

この本はとある家族の話で、主な登場人物は以下の3名になります。

ももこ(専業主婦・妻)
つとむ(サラリーマン・転勤族・旦那)
たると(息子)

この本に初めて目を通した際に思った事が、

この本は読んでいると、とても不快な気分になる本だな!

と正直そう思いました(笑)

本を批判している訳では無いですよ!この本の主人公である、ももこさんの旦那、つとむさんの行動と思いやりの無さにめちゃくちゃムカつきました(笑)

なんか自分だけイライラしているのかと思ったので、試しに嫁にも最初の方を読ませたら、同じように「この本は読んでいるだけでイライラしてくるね!」って言っていたので間違いないと思います(笑)

特に本を読んでいて「感情移入」しやすい人なんかは特にそう感じやすいかもしれません。

中盤に入るとやっと落ち着いてきたかと思うと再びバトルが始まったりするなどはありますが、娯楽で読むというよりは同じ悩みを抱えている人が読んだ方が話の内容も理解もしやすいし、どういった発言が精神的にダメージを与えているのかが分かるため、より話にのめり込める作品だと私は思いました。

スポンサーリンク

モラルハラスメントとは?

モラルハラスメントとは簡単に説明すると、モラル(道徳)による精神的な暴力や嫌がらせの事を言います。

もっと簡単に言うと、

お前(道徳)マジで使えねーな(嫌がらせ)!
人間のゴミが(精神的暴力)!(;´Д`)

的な発言になります。

そして冒頭にも書いていたのですが、私自身が「モラルハラスメント」に興味を持っていた事と、もしかしたら私が気付いていないだけで知らない内に「嫁を傷付けていないだろうか?」と考えていたからです。

私たちは旦那である私が6歳上になります。

基本的に私が指示する事が多く、もちろん言葉使いには気を付けているつもりですが、嫁が隠していたら「気付けないだろうな。。。」と前から思っていたので、この本を参考にしたいと思い購入しました。

そしてこの本のレビューをAmazonや楽天などで見てみると

「旦那に読ませてやりたい!」
「ウチならもう離婚です」
「すごく気持ちわかります!」

などの意見が見られました。

私はこの意見を読んで思った事が、「この本を読めばモラハラに関して良い勉強になるのでは?」と思いました。

そして読み終えて思った事は「ウチは大丈夫だな!」と思いました!

もちろん私だけで無く、嫁にも全部読んでもらい同じ言葉を言ってくれました。

もしこれが気を使われた言葉だったら怖いですが嫁の言葉を信じてます(笑)

しかし、この本の主人公である、ももこさんの家族構成は「妻・旦那・息子」の3人で、私たちはまだ「私・妻」の2人なので、状況はまったく違うのでなんとも言えませんが、子供が出来たら変わっちゃうのかな?という話にもなりました。

こういった話し合いは私たちはすごく大切にしているので、この本のおかげで普段とは違った話し合いする事が出来たので良かったと思います(^^♪

スポンサーリンク

パートナーに読ませるなら

先ほど少し触れましたが、この本のレビューには「旦那に読ませたい!」などの意見が見られました。

もちろん読ませたい気持ちは分かりますが、もし旦那さんが自分の嫁にいきなり、「この本を読んでみて!」なんて言われたらどう思いますか??

もし読んでくれても間違いなく良い気分にはならないはずです。

ましてや追い打ちで「あなたも同じ事やってるよ??」なんて言われたら、むしろ夫婦仲はより険悪になる可能性が出てくると思います。

まず読ませたいのなら「もし自分が言われたらどう思うか?自分の旦那(嫁)の性格的に受け取る可能があるか?」をしっかり考えていただきたいです。

人によっては、「この本面白かったから読んでみて!」で済む人も居れば、具体的に「この本を読んで私にもあなたに対しての行動を見直すきっかけになったから、良かったらあなたも読んで欲しいです。」って具体的に伝えないと読んでくれない人も居ると思います。

結婚されていて、長く夫婦生活をされている女性は特に知っていると思いますが、「男性のほとんどが無駄にプライドが高い」ですよね?

なので、「自分の事が否定されている」と感じたら基本的に「否定」してきますよね?

その「男性のプライド」とやらを温かく見守りつつも、この本を読んでもらう為に、

「最近この本をよく見かけるから読んでみたんだけど、私がこの主人公だったら堪えられないし、夫婦生活をやっていけないと思ったんだよね。それと私にも至らない所がある事にも気付く事が出来たと思うんだよね!だからあなたにも一度読んでみて、意見を聞かせて欲しいんだけど、どうかな??」

って感じですかね??

正直この話し方だとすでに「旦那さんにかなり気を使っている奥さん」だと思いますが、男性はなにかと「理由」が必要になってくるので、めんどくさいです(笑)

一応男性を立てる為に、「あなたの意見が聞きたい」という事を伝えると乗ってくる可能性が高くなるのでぜひ使ってみてください!

このように少し遠回しに読んでみて欲しいなーという事を伝えましょう。

ストレートに言い過ぎると読んでくれなくなるので(;^ω^)

ちなみに先ほどの言葉で怒ってしまうような男性に関しては私の口からは何とも言えませんが、「夫の扶養からぬけだしたい」の中に出てくる、ももこさんの友人の「エミさん」が私の言いたい事を代弁してくれているので、ぜひ一度読んでみてください(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

・夫婦関係について勉強になった
・モラルハラスメントは家庭によっては日常的に発生している
・現時点では我が家は「大丈夫」だと思った。
・嫁と語り合うきっかけになった
・夫婦はお互いを知らないといけない

以上が

【読書】結婚した事を機に「夫の扶養からぬけだしたい」を読んでみた感想・モラハラについて考えてみた

になります!

いかがだったでしょうか?
せっかく夫婦になって幸せな家庭を築いていきます!と楽しく、幸せな生活を夢見ていたのに、それが結婚してから苦痛の始まりだった!!なんて絶対に嫌ですよね!

違う環境で育ってきた二人が一緒に暮らすという事はお互いの「当たり前」や「考え方」が違って当然なんです。ただお互いがお互いの為に考えたり、理解しあい、自分達の考え方を再構築するだけで結婚する前よりももっと楽しく生活する事が可能になります。

もし夫婦関係で悩んでいる方が居ましたら、「夫の扶養からぬけだしたい」を読まなくても出来る事はたくさんあると思います。まずは夫婦で理解し合うために話し合う事をしてみてはいかがでしょうか??(^^♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夫の扶養からぬけだしたい [ ゆむい ]
価格:1134円(税込、送料無料) (2019/7/31時点)


上のリンクは「電子書籍」ではありません!!
購入の際には気を付けてください!

ここまでお読み頂きありがとうございました!
他にも色々な記事を書いているので、時間の許される限りお楽しみください!(*‘∀‘)

タイトルとURLをコピーしました