狭い道でスピード出さないで!車・歩行者の事少しでも考えて欲しいその運転!


どうも!keiです!

あなたは通勤や通学、送り迎えの際に車2台がすれ違うのがギリギリの道、もしくは1台しか通れないのに一方通行では無い道を運転した事がありますか?

その際の運転で何か意識して気を付けていることはありますか?

もしくは何も考えた事はありませんか?

私の近所はけっっっっこう狭い道が多くて、かつ緩やかなカーブを描いているので10m先もロクに見えない道路があります(*´-`)

そんな先の見えない道路でスピードを出して突っ込んでくる車がたくさん居ます


いつ事故が起きてもおかしくない様な状況ですし、いつ自分が巻き込まれるか分かりませんよね?

あなたはこの状況をどう改善していきますか?
1番早くかつ1番確実なのは「運転手が意識する事」だと思うので、今回はそんな「狭い道でもスピードを出す人の心理」を考えながら書いていきたいと思います。

目次
1.なぜ狭い道でスピードを出すのか?
2.狭い道でスピードを出すとどうなるか?
3.器物破損より怖い、人身事故
4.まとめ

1.なぜ狭い道でスピードを出せるのか?

なぜ先が見えない狭い道でスピード出せるのか??と自問自答してみました。

・そもそも危ないという概念が無い
・対向車が来ないと思っている
・自分が事故る訳がない!
・対向車が来る前に通り抜けたい!
・私には先が見えている( ͡° ͜ʖ ͡°)フッ
・世界は私を中心に回っている(๑˃̵ᴗ˂̵)ウフッ

とかこんな感じでしょうか??
まぁアレですよね。。。

そんな訳
無いやん…(´-ω-`)

って思いますけど、実際にスピードを出して突っ込んでくるということは少なからず上記の5点のうち1つは当てはまるはずです。

でもまぁ「対向車が来る前に通り抜けたい」って気持ちは分からなくも無いですよね。。。。

でも対向車が来て、スピード出して民家と車の間ををギリギリのスレッスレで走るのってマジで怖いですよね。。。

そもそもスピード出てたら余計危ないし、さらに自分を追い詰めている気がするのは私だけでしょうか???(*´-`)

さらにスピード出すって事はそれに伴って、衝撃も強くなっていくので簡単にミラーぐらいなら逝っちゃいます(´・ω・)

2.狭い道でスピードを出すとどうなるか??


では、狭い道でスピードを出すとどうなるでしょうか?
簡単に想像できますよね?

・対向車が来て、正面衝突する
・人が飛び出してきて、轢いてしまう
・想像を絶するモノが転がっていて、

 あわてて急ブレーキを踏んで、
 衝撃で同乗者が首や腰を痛めてしまう

などが起きてしまうと想像出来ます。
常日頃からある程度の危険は予測して置くべき事だと私は思っています。

そしてスピードを出す事によって、衝突までの時間がより短くなります。

つまり自分がブレーキを踏むまでの時間と実際に車が止まる時間よりも先に衝突してしまうという事になります。

この時点で自分の頭の中に「常に危険」という認識があれば狭い道でスピードを出そうなんて気持ちにならないと思います。

なので、スピードを出す事によってどんなメリット・デメリットがあるのかをしっかりと考えて運転をするべきでは無いかと私は思っています。

3.器物破損より怖い、人身事故

狭い道で運転していて、自分の車や他人の所有物に接触して破損させてしまったり、大事な車が傷つくのは凄く嫌な気分になりますよね。

ましてや、ぶつけた先のお家の人がメッチャ怖い人だったらなおさらツライですよね(*´-`)

でもそんな器物破損レベルよりももっと怖い事がありますよね?

そうです。

人身事故です。


狭い道では普通の道路と違って、道路に歩行者が居ます。

そして通勤・通学の時間になるとウジャウジャ居ますよね。

たまに狭い道なのに2人で横並びだったり、3人だったり、、、そうゆうのはもうちょっと歩行者側も考えて欲しい事では有りますけどね(*´-`)

そして運転中に対向車ばかり意識しすぎても、気付かないうちに自転車が自車の左後方に近付いていて、対向車が来たので左に寄ったばかりに自転車を巻き込んでしまう、、、

なんて事は自動車学校などで学んでいるはずなので想像できますよね?

そうなってしまったら対向車は関係有りません。

ただぶつけてしまった本人の責任になってしまう為、狭い道での運転は本当に気を付けなくてはなりません。

そこでスピードを出していると、その判断、状況を確認する時間すら無くなってしまいます。

しっかりと周りの状況を把握して事故を無くす為にも、徐行運転(5~10kmぐらい)で狭い道を通り抜ける事を推奨します!

4.まとめ

・狭い道でスピードを出してもメリットは無い
・狭い道は特に危険だと認識する
・狭い道は徐行運転で!

いかがだったでしょうか?

狭い道でスピードを出されるとホントに怖いです(特に対向車の私が)

運転している側も一度くらいは怖い目にあった事があるのでは無いでしょうか?

その時はたまたま運が良かっただけで、次も事故に繋がらない保証なんてどこにも有りません。

なので、交通事故に繋がる危険性を少しでも減らす為にも「まずは自分の運転を見直す」事から始めていきましょう!

最後に
車の運転は常に危険を伴ってます。
楽しい思い出も悲しい思い出も車は運んでくれます。
しかし運転の仕方1つ、あなたの行動1つで未来が変わっててしまう事をしっかりと理解したうえで「車の運転」を楽しみましょう!(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です