スポンサーリンク

【結婚生活】夫婦円満な秘訣!幸せな結婚生活を送る為に絶対に欠かせないたった1つのポイント!!

結婚
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

どうも!Keiです!

今回の内容は「夫婦仲良くやっていきたいけど、なかなか上手くいかないんだよね。。。」とお悩みの方に向けて書いていきたいと思います!(^^♪

私は嫁と結婚してからやっと1年経ちましたが、付き合ってからすぐに同棲を始めて、実際に同じ空間で暮らしている期間としては約3年ぐらい経ちます。

夫婦円満な生活を目指す中で「絶対に必要な事」があるので早速行きましょう!!

スポンサーリンク

お互いを理解する事!

あなたは旦那・嫁の考え方や感じ方をどこまで知っていますか?または感じ取る事が出来ますか?

付き合い始めたばかりだとお互いが楽しく、思いやり、気を使ったりして相手が思っている事や感じている事を考えたりしたと思います。

そうやって乗り越えてきたような事を同じ空間でたくさんの時間を過ごしてくるとどうしてもおろそかになり、徐々に男女から家族という感覚になってしまい思いやりや相手の気持ちを理解する事を忘れてしまう人が多いです。

よく「ウチの旦那は気を使ってくれない!」とか「ウチの嫁はいちいち口が悪くてムカつく!!」なんて話をされている方がいますが、逆にあなたは旦那・嫁に対して普段からどういった態度、言動、行動を起こしているか?と私は質問したくなります。

そのような発言をさせてしまうという事はどちらかになにかしらの原因が有っての発言・行動だと思います。

つまり、「不満の原因」を理解して、解決しない事には夫婦円満はあり得ない!という事をまず知ってください。

その「不満の原因」を解決するためにもまずは「話し合い」が1番の方法になってきます。

この「話し合い」というのは、お互いをもっと知る事という事になります。

私は嫁と付き合ってる時にお互いが気持ちが穏やかな時に


  • どんな態度・反応されたらすごく嫌か?
  • 自覚している範囲でムカついてしまう事・嫌いな事は何か?
  • 今まで最強にムカついた事は何か?

この3つの事について語り明かした事が何回かあります。

この内容をお互いがしっかりと話し合って、お互いが理解しておくと先ほどの「不満の原因」がある程度見えてくると思います。

そしてもし結婚生活や同棲生活をしている際に不満が発生した時に、我慢して我慢して外で発散するよりも、話し合いを設けてしっかりと話し合った方がよりお互いの理解が深まっていきます(^^♪

自分の気持ちだけぶつけない!

ただここで注意して欲しい事は自分だけ言いたい事を言わない事です。

言わなきゃいけない事は言っても良いですが、自分の不満に思っている事だけでは無く、相手にも何か不満があるけど言いにくい事があるかもしれません。

なので、話し合いをする際には「私は今こうゆう事に不満があります。あなたはなにか不満は溜まってない?大丈夫??」と絶対に確認しましょう。

聞かなければただ自分の思いをぶつけてスッキリしているだけで、相手からしてみれば「自分だけスッキリしやがって!!!」など別の不満に繋がりかねないので絶対に自分だけでは無く、相手にも不満を言う機会を作ってあげましょう!

歳の差があればあるほど言いにくい部分が出てくるかもしれません、しかしそこは年上の方が大きな心を持って、大切な人の話をしっかりと受け止めてあげましょう(^^♪

感情的にならない!

先ほどの文の中で私は「 お互いが気持ちが穏やかな時に ・・・」と書いていたのですが、補足として書いておきたいと思います。

言い合いなどが発生している段階では、間違いなくまともな話し合いになりません。

頭に血が昇ってしまい、本来思っていない事を口走ってしまったり、言いたい事が上手くまとまらずにつたない言葉になってしまい相手に自分の気持ちを上手く伝える事が出来なくなってしまうからです。

もちろん言い合い真っ最中でも片方がしっかりと相手の言いたい事を汲み取る事が出来るならば問題はありませんが、それでも100%言いたい事を伝える事は難しいと思います。

なので、気持ちが穏やかな状態でお互いの理解を深めていきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

・お互いをもっと理解する
・不満は発生させない事がベスト
・年上はしっかりと年下を支える!

以上が【結婚生活】夫婦円満な秘訣!幸せな結婚生活を送る為に絶対に欠かせないたった1つのポイント!!になります。

夫婦それぞれの形はあると思いますが、せっかく結婚したなら胸を張れるような結婚生活がしたいし、あわよくば「ウチの旦那(嫁)はステキです!!」なんて言えるような関係ですっと居たいですよね!

この内容が私が思うたった1つの夫婦円満な秘訣になります(^^♪

ここまでお読み頂きありがとうございました!

またのお越しをお待ちしています!(^^)/

タイトルとURLをコピーしました