喧嘩が終わっても仲直り出来ない?しても良い喧嘩・してはダメな喧嘩!


こんにちは!keiです!

あなたはパートナーとケンカはしますか??そのケンカには意味がちゃんとありますか?もちろんケンカに至るまでの過程もあると思いますが、ただのケンカで終わらせない為にも今回の記事を読んでもらえたらいいなと思います!

目次
1.悪いケンカとは?
2.良いケンカとは?
3.ケンカでの注意点
4.まとめ

1.悪いケンカとは?

悪いケンカとはなんだと思いますか??そもそもケンカする時点でダメだろ!と言わないでください(笑)

お互いがお互いを罵り合っている状態は良いケンカだと思いますか??ましてや手を挙げてしまうほどのケンカが良い訳ありませんよね(笑)

私の言う悪いケンカというのは「お互いの為にならないケンカ」という事になります。そもそも私の中ではケンカ=お互いを理解する為に必要だと思っています。お互いの考え・気持ちを主張しあった結果、お互いがお互いの意見を聞き入れなかったり、相手の気持ち・考えを理解しようとする事を拒んでしまうことに当たります。

私の嫁も自分の気持ちをうまく相手に伝える事が出来ずに恋愛や仕事面でも苦労してきたそうです。言いたい事はあるけど、言いにくいし、言いたくない事ってありますよね。そこに自分の意見もあるし、相手にも意見はあります。そこでぶつかり合うからケンカが発生します。はっきり言って考えが違うもの同士が一緒になるんだからケンカが発生して当たり前ですよね(笑)

もちろんケンカに発展しなければそれはそれで良いと思います。しかし多少感情的になっていた方が本音を聞き出せるのではないかと思います。でも感情的になり過ぎて勢いで発言してしまうと取り返しのつかない事になりかねないので、「頭の中は冷静に気持ちは熱く」の精神でいましょう!

2.良いケンカとは?

では次に良いケンカとは?先ほどの内容でも少し触れていますが良いケンカとは「お互いの為のケンカ」という事になります。簡単に言うと「ケンカしない為のケンカ」っていう言葉が1番しっくり来る気がします。

私と嫁は年が6つ離れていることもあり、考え方や感じ方が違ったりします。なので、嫁にちゃんと伝わるように言葉を選んで発言する事が結構あります。ここでめんどくさいからと言って説明を省いたり、言葉が少なかったり、言い方が悪く感じ取られたりして、よりめんどくさい事になりかねません。

なので私は付き合った当初から「出来るだけケンカはしたくないから、イヤな事が有ったらちゃんと言って欲しい。ただ言いにくい事もあると思うけど、それでも言い合えるような関係になりたい」と伝えておきました。まぁ結局は私が怒る、、、というか、注意するぐらいのレベルで今までは済んできていますけどね(笑)

でもその程度で済んでいるのは自分のおかげではなく、嫁が私の考えに賛同してくれてこその今の関係だと思います。ある意味私よりも嫁の方が大人だなとしみじみ感じることが多々あります。

3.ケンカでの注意点

もしお互いがヒートアップしてしまっても、ケンカに出さない方が良い事を書いておきます。これらに気を付けておかないと、もしまたケンカが発生してしまった時にその事を持ち出されたり、ケンカ前の関係に戻る事が難しくなってしまいます。なので、気を付けてケンカをしましょう。

・過去の彼氏・彼女の話を出す
これは誰でも嫌ですよね。。。私はそんな話を持ち出して来たらすぐ怒るかもしれません。。。特に発言に気を付けて欲しいのが、「前の彼女の方が良かったわ!」とかこんな発言したらもう今後の関係修復不可能でしょ(‘Д’)

もし自分がこの発言をされて、もしその場で仲直り出来たとしてもずっと「前の人の方が良かったんだな。。。」ってずっとモヤモヤしてしまいます!なので、ケンカの勢いに任せてこの発言はしないように気を付けましょう!

・相手の身体的な事に口を出す
これも思わず口に出してしまう方も多いのでは無いでしょうか?例えば「お前太りすぎだろ!」とか(;^ω^)
この言葉ってシンプルに相当傷付きますよね。。。なので、わざわざケンカの時に言わなくても良いんじゃないかなって私は思います。そもそもケンカの内容とほぼ関係無いのでは??って私は思ってしまいます。

それに身体的な部分で結構コンプレックスを感じている方も多いと思います。昔から太りやすい、体毛が少し濃いなどコンプレックスは人それぞれあると思います。ましてやすぐに改善できるような内容でも無いので、ここについてはケンカの時では無く、落ち着いている時にお話ししましょう(^^♪

・手を出してしまう事
これはもう最低ですね。そんな方とは一生を共にしようと思いませんよね。。。正直底が知れていると私は思ってしまいます。ましてや男性が女性に手を出すのは男として、やってはいけない事だと思います。

女性にも心のダメージを与えるのは言うまでもなく、手を出してしまった自分にも後に嫌悪感や罪悪感に襲われてしまう事になります。なので、どんだけムカついても絶対に手を出さないように気を付けてください!

・親について口を出す
これも2人の事でケンカしている時に持ち出すのはやめた方が良いでしょう。。。そもそも身内の事を言い始めるって、先ほども言いましたが「ケンカに関係あるんですか?」って話ですよね(;^ω^)

それに親の事を言い始める人と結婚とか考えにくい、、、というか、考えたくありませんよね。。。もし結婚してしまったら一生その文句に付き合っていかなけれなりません。むしろ相手がこのような事を言い始めたら今後のお付き合いに関して本気で考えた方が良いと私は思います。

4.まとめ

ケンカはしてもいいけど、「お互いの為にならないケンカ」で終わらないようにしましょう。私のポリシーでは「同じ事を何回も言わせないで」というのを嫁に伝えてあるのですが、その理由は「私も何回も言いたくないし、ケンカしたくないし、それに対して私自身がイラついてしまいたくない為」なんです。

ケンカしたい人なんてそんな居ませんよね?でもお互いの気持ちや考えはしっかりと伝えなくてはなりません。ましてや結婚を考えている相手の考え方や感じ方はなおさら知っておかなければなりません。

なので、お互いの事を知る為にも時間のある時にはこのようなサイトをネタにお互いの考えや感じ方について話し合ってみてください(^^♪

それがきっかけでお互いの事をもっと好きになる事が出来たら、私もとても嬉しいです!なので、話し合う事をめんどくさがらずにパートナーと語り合う時間を作り出してくださいね(*‘∀‘)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です